新 着 情 報

  • 【次号予告】Vol.77 夏秋合併号

    次号 Vol.77 夏秋合併号は、7月25日発売です。 女性が活躍する社会を創る 一般社団法人エメラルド倶楽部 代表理事 菅原智美 日本最大級の女性経営者の会、「エメラルド倶楽部」代表理事の菅原智美さんに女性経営者の現状 …

  • 【今月号】Vol.76 文月

    Vol.76 文月は6月14日発売です。 やじるしは常に自分に向けろ 株式会社アースホールディングス 取締役 山下 誠司 昨年『年収一億円になる人の習慣』を上梓し、自らの体験を届け、若い3000人の従業員からも圧倒的な指 …

  • バックナンバー完売のお知らせ

    きらめきプラス、以下のバックナンバーが完売になりました。 お買い上げいただきました皆様に感謝いたします。 ・Vol.61 新春合併号 ・Vol.62 弥生号 ・Vol.63 卯月号 ・Vol.64 皐月号 ・Vol.65 …

  • 【特集】女性の活躍推進に必要なわたしのかかりつけ医

    医療法人 誠医会 宮川病院 内科部長・医学博士 宮川めぐみ 最近注目を集めている「甲状腺疾患」の専門医 宮川先生に甲状腺疾患について詳しく伺いました。 ●甲状腺疾患は女性に多い ●発見しにくい疾患 ●妊娠ともかかわる疾患 …

  • 【特集】江戸木目込人形

    塚田工房 塚田 詠春 木目込人形は、江戸時代中期に京都の上賀茂神社で端材を用いて人形を木目込の様式で作った事が始まりと言われ、その後、京都の人形師たちによって江戸に伝えられ、やがて江戸風に姿形が変化していき、江戸木目込人 …

  • Vol.75 水無月

    Vol.75 水無月は5月14日発売です。 4 江戸木目込人形 塚田工房 塚田 詠春木目込人形は、江戸時代中期に京都の上賀茂神社で端材を用いて人形を木目込の様式で作った事が始まりと言われ、その後、京都の人形師たちによって …

  • 【特集】国民の視点で考える・きらめきインタビュー

    内閣官房参与 福島復興再生総局事務局長 岡本 全勝 発災直後に被災者生活支援本部が発動し、岡本さんは支援本部事務局次長に任命された。非常勤となった今も福島の復興のために、経済産業省、環境省、復興庁の横串としての活躍は続い …

  • 【特集】川崎葉子のきらめき人発見!

    「大堀相馬焼 陶吉郎窯」 9代目 近藤学 10代目 近藤賢 3・11東日本大震災の揺れ・大津波。そして福島第一原発事故により帰宅困難地域となり、300年受け継がれてきた大堀相馬焼も全てを失った。しかし、新たな第一歩を踏み …

  • Vol74 皐月

    Vol74 皐月は4月14日発売です。 川崎葉子のきらめき人発見! 「大堀相馬焼 陶吉郎窯」9代目 近藤学 10代目 近藤賢3・11東日本大震災の揺れ・大津波。そして福島第一原発事故により帰宅困難地域となり、300年受け …

  • Vol.73 卯月

    Vol.73 卯月は2019年3月14日発売です。 めうがやの足袋 「向島めうがや」五代目 石井 芳和 5種類のミシンを使い分け、20の工程で作られる「誂え足袋」。150年以上前から続く職人技の詰まった足袋を求めて今日も …

  • 【特集】「めうがや」と書いて「みょうがや」です

    1867(慶応3)年創業。誂(あつら)え足袋の専門店「向島めうがや」 150年経った今も長年受け継がれてきた技を求め地元芸者さんや踊りのお師匠さんなど数多くのお客様がお店を訪ねる。 20の工程があり5種類のミシンを使い分 …

  • 【特集】障がいのある僕たちだからこそ、できることがある

    パラリンピックを目指すアスリートへ届け!この想い 11歳で失明した盲目のシンガーソングライター栗山さん。 同じ障がいを持つものとして、頑張っているパラアスリートに何かできることはないのか!という想いから応援ソング『リアル …

  • 【完売】Vol.72 弥生

    *Vol.72 弥生は完売となりました。 私の社会貢献 笑顔と笑顔で夢を実現 西田 美和 スペシャルオリンピックス フィギュアスケートの魅力・思いを語る 最後の証言 厭戦 遠藤 美幸 戦争の不条理と愚かさを経験した元特攻 …

  • 【動画連動】私の社会貢献 笑顔と笑顔で夢を実現

    『五輪』といえばオリンピックだけではありません。 オリンピックと並び、注目を集めるようになったパラリンピック(身体障がい者を対象)や デフリンピック(聴覚障がい者を対象)、そして今回ご紹介するスペシャルオリンピックス(知 …

  • 【新連載】最後の証言 厭戦

    戦争の不条理と愚かさを経験した元特攻兵が今を生きる私たちに残すメッセージとは? 歴史研究家が 遠藤美幸さんが元兵士たちの体験を綴る。