新 着 情 報

  • 【今月号】Vol.73 卯月

    Vol.73 卯月は2019年3月14日発売です。 めうがやの足袋 「向島めうがや」五代目 石井 芳和 5種類のミシンを使い分け、20の工程で作られる「誂え足袋」。150年以上前から続く職人技の詰まった足袋を求めて今日も …

  • 【特集】「めうがや」と書いて「みょうがや」です

    1867(慶応3)年創業。誂(あつら)え足袋の専門店「向島めうがや」 150年経った今も長年受け継がれてきた技を求め地元芸者さんや踊りのお師匠さんなど数多くのお客様がお店を訪ねる。 20の工程があり5種類のミシンを使い分 …

  • 【特集】障がいのある僕たちだからこそ、できることがある

    パラリンピックを目指すアスリートへ届け!この想い 11歳で失明した盲目のシンガーソングライター栗山さん。 同じ障がいを持つものとして、頑張っているパラアスリートに何かできることはないのか!という想いから応援ソング『リアル …

  • 【次号予告】Vol74 皐月

    Vol74 皐月は4月14日発売です。 65歳青年 英国留学記 医学博士・歯学博士 茂木伸夫 イギリスはどんより曇っていて、食事もまずいと言う方もいるがそんなことはない 川崎葉子のきらめき人発見 大堀相馬焼き 陶吉郎窯 …

  • Vol.72 弥生

    Vol.72 弥生は2019年2月14日発売です。 私の社会貢献 笑顔と笑顔で夢を実現 西田 美和 スペシャルオリンピックス フィギュアスケートの魅力・思いを語る 最後の証言 厭戦 遠藤 美幸 戦争の不条理と愚かさを経験 …

  • 【動画連動】私の社会貢献 笑顔と笑顔で夢を実現

    『五輪』といえばオリンピックだけではありません。 オリンピックと並び、注目を集めるようになったパラリンピック(身体障がい者を対象)や デフリンピック(聴覚障がい者を対象)、そして今回ご紹介するスペシャルオリンピックス(知 …

  • 【新連載】最後の証言 厭戦

    戦争の不条理と愚かさを経験した元特攻兵が今を生きる私たちに残すメッセージとは? 歴史研究家が 遠藤美幸さんが元兵士たちの体験を綴る。

  • 【特集】女性の活躍推進に必要なわたしのかかりつけ医

    妊娠や授乳中の服用可能な薬はどのようにして決まっているかご存知ですか? 今、薬の添付文書で「禁忌」とされてきた薬の見直しが行われていることをご存知ですか? 世界中で報告されている妊娠・授乳中に服薬した情報を集めデータベー …

  • Vol.71 新春合併号

       梅左の六花八葉 その十 堀川 登志子 杵屋勝国師を迎え、長唄三味線の魅力に迫る 日本のミセスは美しい 小野寺 英樹 「ミセス日本グランプリ」理事長が考えた新しい社会貢献の形とは? 江戸木箸 竹田 勝彦 木箸はなぜ …

  • 【特集】梅左の六花八葉集 その十 長唄三味線

    ゲスト:杵勝会 杵屋 勝国 歌舞伎の世界は出世魚のように名前を変えて先代の業績を継ぐ。身は一代、名は末代と云われる所縁だ。『大江山』は十七代目が大当たりを取り中村勘三郎家の財産演目になっている。その舞台の立三味線を三代に …

  • 【特集】日本のミセスは美しい

    ゲスト:一般社団法人 ミセス日本グランプリ 代表理事 小野寺 英樹 ミセス日本グランプリファイナリストの社会貢献 23年前に経験した阪神淡路大震災をきっかけにボランティア活動を始めたミセス日本グランプリ 理事長 小野寺英 …

  • 【特集】今の日本に葬送の自由はあるのか

    ゲスト:NPO法人 葬送の自由をすすめる会 会長理事 西俣 総平×副会長 西田 真知子 最近の少子高齢化、単身世帯数の増加などの社会的理由から、葬儀はせずに直接火葬のみを行う直葬や散骨を選択する人が増えているという。 今 …

  • Vol.70 師走

    梅左の六花八葉 その九 日本舞踊 吾妻流 堀川 登志子 いぬねこの部屋 【第4回ゲスト:川田 龍平】 藤村 晃子 いのちを守る 「安全」という言葉に隠された薬害の闇 私は遺品整理士 林 恵子 元CAが家庭の主婦となり、辿 …

  • 【特集】銀座をテーマにした昭和の歌を楽譜で辿る

    銀座の流行歌 決して豊かではなかったけれど夢と希望にあふれていた「昭和初期」 一人ひとりの心に残る歌はちがっていても、 いつも人々の心と隣り合わせにあった流行歌。 銀座と共に歩いてきた歌の数々で昔懐かしい銀座を振り返って …

  • 【特集】女性の活躍推進に必要なわたしのかかりつけ医

    船津クリニック 院長 船津雅幸   船津クリニックは、産婦人科と漢方を専門とする船津雅幸院長と、薬剤師で思春期保健相談士の資格をもつ船津裕子さんとお二人で支えあって診療されています。診察前に相談室で裕子さんがじっくり話を …