きらめき倶楽部

※雑誌「きらめき百歳」は名称を「きらめき+(プラス)」に変更しました。(2014年10月10日発売、Vol27・霜月より)

「きらめき+(プラス)」から生まれた「きらめき倶楽部」

「きらめき+(プラス)」を定期購読している方も、定期購読を考えている方も、
「きらめき+(プラス)」を毎月無料購読できる「きらめき倶楽部」に入会しませんか。

「きらめき倶楽部」で「Enjoy & SmartLife」

「きらめき倶楽部」は、「きらめき+(プラス)」読者を中心に、社会貢献や自己実現の活動を通し、生涯現役で豊かな人生を構築できるよう、人、心、命、世代、文化を繋ぎ幅広く様々な情報を発信・提供、そして交流を図ることを目的として誕生しました。



「きらめき倶楽部」はメンバー全ての人をパートナーと考え、メンバーの意見を反映させながら、楽しく魅力ある会を目指します。

「きらめき倶楽部」は、共助の精神をもって、介護、葬儀、相続など様々な問題をメンバーである医師、介護福祉師、社会保険労務士、弁護士、税理士などの資格をもつ専門家が問題解決にあたります。


また講師陣として、メンバーであり第一線で活躍する方を始め、様々な業種の方のご理解とご協力をいただき、各種講演会や食事会、ミニコンサート、シニア起業セミナーなど幅広いジャンルのイベント開催、会員専用サイトの準備も進めております。

あなたも特技や蓄積してきた知識・経験・資格を生かして一緒に活動しませんか。

皆様の入会・参加をお待ちしています。

多くの方のご理解とご協力をいただき、「きらめき倶楽部」の活動が日本を元気にし、
「年齢を重ねる程に夢と希望が持てる社会」となる為の一歩となれば幸いです。

会員種別

A会員
  入会申込から退会するまで生涯会員として、毎月「きらめき+(プラス)」をお届けします。
(入会金10万円 現在定期購読中の方は9万円)年会費等その他の費用は一切ございません。
B会員
  入会申込から退会するまで10年間会員として、毎月「きらめき+(プラス)」をお届けします。
(入会金5万円)年会費等その他の費用は一切ございません。
C会員
  入会申込から退会するまで3年間会員として、毎月「きらめき+(プラス)」をお届けします。
(入会金1万5千円)年会費等その他の費用は一切ございません。
団体会員
  入会申込から5年間会員として、毎月「きらめき+(プラス)」をお届けします「きらめき+(プラス)」に広告を掲載させていただきます(入会金30万円)年会費等その他の費用は一切ございません

『きらめき倶楽部』会 員 規 約

第1条(目的)

  • 本規約は、株式会社イーネ(以下「当社」という)が発行する「きらめき+(プラス)」の会員制度の運営等について必要な事項を定める。

第2条(会員)

  • 1.会員は、「きらめき+(プラス)」発行の目的に賛同し賛助するために入会した個人及び団体とする。
  • 2.個人会員は、A会員・B会員・C会員とし、A会員は、入会申込時に満65歳以上の者に限るものとする。なお、B・C会員が、満65歳以上となったときは、A会員の会費との差額を支払うことにより、A会員となることができる。
  • 3.会員は、当社が入会を承認した時点で、本規約の内容を承諾したものとみなす。
  • 4.会員は、本規約により生じた権利および義務の全部または一部を第三者に譲渡し、または担保に供しない。
  • 5.会員が、死亡または消滅したときは、会員としての身分を喪失するものとする。

第3条(会費)

  • 1.会員は、つぎの会費を当社が指定する口座に納入するものとする。
  • a.A会員 10万円
  • b.B会員 5万円
  • c.C会員 1万5千円
  • c.団体会員 30万円
  • 2.一旦納入された会費については、会員が退会した場合であっても、当社は返還する義務を負わないものとする。

第4条(会員に対するサービス)

  • 1.会員は、特別割引価格にて、当社の主催するセミナーを受講することができる。
  • 2.A会員は、退会または死亡するまで、無料で「きらめき+(プラス)」を購読することができる。
  • 3.B会員は、入会申込から10年間、無料で「きらめき+(プラス)」を購読することができる。
  • 4.C会員は、入会申込から3年間、無料で「きらめき+(プラス)」を購読することができる。

第5条(退会等)

  • 1.会員は、当社に退会届を提出し、当社がこれを受理することにより、退会することができる。
  • 2.当社は、特段の事情のない限り、退会届を受理しなければならない。

第6条(除名)
会員が、つぎの各号の一に該当したときは、当社は、会員を除名することができる。

  • a.本規約に違反し、相当の期間を定めて催告したにもかかわらずこれを是正しないとき
  • b.重大な規約違反または背信行為があったとき
  • c.次条第1項に違反し、または同条の表明保証に反する事実が発覚(報道されたことを含む)したとき

  • 第7条(反社会的勢力の排除)

    • 1.会員は、自らが暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団等の反社的会勢力(以下併せて「反社会的 勢力」という。)でないこと、反社会的勢力でなかったこと、反社会的勢力を利用しないこと、当社または第三者に対して脅迫的な言動又は暴力を用いること、 偽計又は威力を用いて当社の業務を妨害または信用を毀損すること、自己の主要な出資者または役職員が反社会的勢力の構成員でないことを表明し、保証する。
    • 2.会員は、当社が前項の該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、その調査に協力し、これに必要と判断する資料を提出しなければならない。

    第8条(規約の変更)

    • 1.当社は、会員の了承を得ることなく、本規約を変更することができる。
    • 2.本規約の変更は、当社が会員に変更を通知したときにその効力を生じるものとする。この場合、会員は、変更後の規約に従うものとする。

    第9条(サービスの変更、廃止)
    当社は、その判断により、サービスの全部または一部を変更、廃止できるものとする。

    第10条(準拠法および管轄)
    本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関し、訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第1審専属的合意管轄裁判所とする。