石川真理子氏『女子の武士道』出版記念パーティーが開催されました

ホーム > スタッフから, ニュース > 石川真理子氏『女子の武士道』出版記念パーティーが開催されました

01
去る10月26日(日)、石川真理子さんの『女子の武士道』(致知出版社)の出版を記念したパーティーが都内レストランで盛大に行われました。
参加人数は約80名、どの方も常日頃から石川真理子さんと親交のある支持者ばかり。
お祝いムードにあふれた、和やかな会となりました。

発売前から予約が殺到し、アマゾンのランキングが150位以内をマークするなど話題となっていた同書。発売後もその勢いは衰えることなく、早くも三刷りが決定しました。
10月25日付の業界紙「新文化」では、八重洲ブックセンター本店のランキング「人文ジャンル」で堂々一位、11月16日(日)午後6時から放送の「久米書店」(BS日テレ)も紹介されることになりました。
このような報告を担当編集者の小森俊司さんが述べると、会場は一気にお祝いムードに。本誌でおなじみの白木大五郎さんが素晴らしい祝辞と共に乾杯の音頭をとりました。
続く祝辞には、産経新聞社首相官邸キャップの阿比留類比氏、日本政策研究センターの岡田邦宏氏、国際協力銀行代表取締役の前田匡史氏のほか、藤浦淳氏(産経新聞文化部長)、吉村剛史氏(同社 元台北支局長)などそうそうたる方々が登壇。アトラクションには居合やマジックも披露されました。
最後に、石川真理子さんからのご挨拶。
「いろいろな方に育てていただき、たくさんの方に支えられ、今の私があります」
思わず、声を詰まらせた真理子さんに、会場から温かい拍手がわき上がりました。
そして、さすがは石川真理子さん、「『きらめき+』をぜひご購読ください」との言葉も忘れませんでした。

(写真:トヨサキ ジュン)