【特集】江戸木目込人形

ホーム > 特集 > 【特集】江戸木目込人形

塚田工房 塚田 詠春

木目込人形は、江戸時代中期に京都の上賀茂神社で端材を用いて人形を木目込の様式で作った事が始まりと言われ、その後、京都の人形師たちによって江戸に伝えられ、やがて江戸風に姿形が変化していき、江戸木目込人形として確立されていく。