【特集】シリーズ「誰もが生きやすい社会に」親の病気 子の気持ち

ホーム > 特集 > 【特集】シリーズ「誰もが生きやすい社会に」親の病気 子の気持ち

子育て中の家族に、ある日突然やってくる育児と介護を同時にしなければいけない「ダブルケア」
今、25万人以上の人がこの問題に直面しているといわれています。
ますます進行している『少子高齢化』
今後は「仕事と子育て」「仕事と介護」の両立だけではなく
『ダブルケア』による「仕事・子育て・介護」3つの両立が必要とされています。

パーキンソン病の母親と介護する父親に10年間寄り添い、支え続けている小堀さん。
「仕事・子育て・介護」の狭間で自身も自律神経失調症を発症。
そんななか、見えてきたものとは?