お手紙紹介ーー執筆者松尾一史さんの妹さんから

ホーム > 読者より > お手紙紹介ーー執筆者松尾一史さんの妹さんから

先月最終回になりました『西風に吹かれて』の松尾一史さんの妹さんから、心温まるお手紙をいただきました。

きらめきプラス編集部 様 

今年も残り少なくなりました。皆様には、お元気で御活躍のことと存じます。
松尾一史兄から、『きらめきプラス』の本を贈って頂き一年、兄の掲載もあり、とても興味深く、楽しく、あっという間の一年でした。
毎月、本当に嬉しく、待ち遠しく、母、主人と供に拝読させて頂きました。素晴らしい本に出会い、歴史への想いが伝わり、分かりやすく、生き生きと執筆されていて、歴史を良く知らない私にとっては、とても新鮮に心に響きました。
介護をしている私にとって、本は心の支えです。いろいろな方達の執筆にも楽しく、元気をもらったり、考えさせられたり、思いを巡らせ拝読させていただきました。
今後も是非、継続させて頂きたいと思っております。
編集部の皆さん、どうぞ頑張って下さい。 

平成27年十二月二日

西風に乗せて

西風に乗せて

松尾一史さん

松尾一史さん