フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか・・浦久俊彦

ホーム > きらめき執筆者の本 > フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか・・浦久俊彦

きらめきプラス・霜月号に「みえない音をかたちある感動に」を寄稿していただいた、浦久俊彦さんの本の紹介です。

フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか

urahisa_book2音楽の見方が一変! 19世紀ヨーロッパを制覇した「史上最強のピアニスト」の肖像。
リサイタルという形式を発明した「史上初のピアニスト」フランツ・リストは、音楽史上もっともモテた男である。
その超絶技巧はヨーロッパを熱狂させ、失神する女たちが続出した。
聴衆の大衆化、ピアノ産業の勃興、スキャンダルがスターをつくり出すメカニズム……リストの来歴を振り返ると、現代にまで通じる十九世紀の特性が鮮やかに浮かび上がってくる。
音楽の見方を一変させる一冊。 
 
浦久俊彦/著
新潮新書
¥778(税込)

本の購入はこちらから