神無月 Vol 38

ホーム > バックナンバー > 神無月 Vol 38

神無月 Vol38は、9月14日発売です。

※表紙と目次の写真はクリックすると拡大してご覧頂けます。


 

今月のおすすめ

相撲道 松田哲博

番付表の二段目に黒太の相撲字で書かれている力士のことを十両といいます。相撲協会での正式名称は「十枚目」ですが、その昔給金が十両だったので通称「十両」と呼ばれています。十両に上がると「関取」と呼ばれ、月給がもらえるようになります。ちなみに十両の月給は約100万円で、番付上では一枚しか違わない幕下筆頭の場所毎の手当て15万円に比べると、13倍以上の違いがあります。
横綱大関になった力士でも、「十両に上がった時が、一番嬉しかった」と口にするのはあらゆることが変わってくるから。
十両に上がれるか、幕下で終わってしまうかは、人生にとって大きな分岐点ですが、まさにその真っ只中にいる力士が高砂部屋にいます。その力士は・・・  今回の相撲道は相撲ファンでなくても相撲を知るには分かり易く楽しめる内容です。
続きは本誌で・・・