「今日という日は、残り人生の最初の一日」

ホーム > 執筆者たより > 「今日という日は、残り人生の最初の一日」

きらめきプラスの人気連載「白木塾」の執筆者、白木大五郎さんのメールマガジンから一部をご紹介します。

「今日という日は、残り人生の最初の一日」
〈映画、アメリカンビューティーの台詞〉

 私の好きな言葉の一つです。
人間の寿命は長くても百年程度 あれもやりたい、これもやりたいー。  夢も希望も無数にあります。 正直言って、その全てを やり尽くすにはあまりにも時間が少な過ぎます。
だからこそ将来を見据え
(例えば、当面の私の目標は初孫の大起が成人となる84歳、理由は孫と一緒に居酒屋で一杯飲みながら男同士の人生談義をしたい。83歳で亡くなった父親より少しでも長生きを!)
定めた目標に向い、今日を明るく精いっぱいに生きてまいりたいと願ってます。
『働く」とは、にんべんに、動と書きます。  動かなければ成長も前進もありません。 動き続け、挑戦し続けて、ある日、バッタリ倒れて大往生ー。これが私の理想です。
さて、皆さんの今の目標は何でしょうか?

白木塾塾長白木大五郎