白木塾執筆者・白木大五郎さんより残暑見舞いが届きました。

ホーム > スタッフから, ニュース > 白木塾執筆者・白木大五郎さんより残暑見舞いが届きました。

きらめきプラスの人気連載「白木塾」の執筆者、白木大五郎さんより残暑見舞いが届きました。
以下に白木さんから残暑見舞いを掲載させていただきます。

残暑お見舞い申し上げます。ご無沙汰致しております。お変わりありませんか?暑い毎日ですね。
小生、お盆で9日から福岡に帰っています。18日には鎌倉に戻る予定です。
まだまだ暑い毎日が続きますがくれぐれもご自愛ください。
さて下記の件ですが、もし福岡国際空港に行かれる機会があれば是非とも一度、ご覧頂ければ有り難く存じます。
宜しくお願い申し上げます。

『日中友好を願って関羽立像を福岡国際空港国際線ロビーに寄贈させていただきました』

福岡に来られた中国や韓国、台湾のかたがたの憩いのスポットとして『天神リクルートビル』の敷地内に設置し、日本に三つしかない『関帝廟』の一つとして長年に渡りアジアンタウン福岡の観光スポットの一つとなっていました『博多関帝廟』の『関羽立像』を戦後70年の節目の今年、世界平和と日中友好を祈念して、福岡空港ビルディング株式会社(社長は前福岡県知事麻生渡氏)に寄贈させていただきました。
8月10日に設置予定場所で贈呈式を行いました。正式な設置場所は『福岡国際空港国際線到着ロビー(二階)』の予定です。設置工事のために正式展示は8月末の予定です。皆様もご存知のように三國志に登場する英雄の一人である関羽は『義の人』として有名で中国、台湾、韓国はもとより東南アジアでも大変人気のある人物です。また関羽は『簿記を考案した人』としても有名で『商業の神様』『学問の神様』として多くの人々から敬愛され一武将にも関わらず『関帝』の称号を与えられています。
関羽立像を仮おきした福岡国際空港国際線到着ロビーでは早速、中国人を始め多くの観光客の人気スポットとなり、記念写真を撮る観光客で一杯となっています(笑)。説明書には最後に『・・・日中友好を祈念して福岡在住の白木大五郎氏より寄贈』と書いてあります。
関羽は将に『義』を大事にした人です。世界平和も各国がお互いに『義』の精神を持って臨めばもっと上手くいくと思います。
日中関係がゴタゴタし始めている今日、平和を愛する福岡市民のシンボルとして少しでも日中友好のお役に立てばと願って、世界に開かれた国際都市福岡の空の玄関口である『福岡国際空港』に寄贈させていただきました。設置前の関羽立像の写真を添付します。高さは丁度人間の大人位の大きさです。尚、寄贈は建屋は除いて『関羽立像』のみです。

企業リスク研究所代表 白木大五郎